SPECIAL

TIPS

意外と知らない!? protools でプラグインのパラメータをオートメーションする方法

protoolsのオートメーションをうまく使って、音楽・映像制作をされている方は多いかと思います。
「ボリュームやパンは分かるけど、プラグインのパラメータにオートメーションは書けないの?」
意外と知らないかもしれないこの方法についてお伝えします。

プラグインオートメーションを設定

まずプラグインの画面を立ち上げて、上にある四角い小窓のボタンをクリックします。

EQ2

プラグインオートメーションというウィンドウが立ち上がります。

左側のリストから必要なパラメーターを選択し追加ボタンをクリックして下さい。
右側に選ばれたパラメーターが移動します。

必要なくなったパラメーターを消去したい時は、逆の動作を行います。
右側でパラメーターを選択して、除去ボタンをクリックします。

ここでは、イコライザーの中域のパラメーターにオートメーションをかけてみましょう。

am_win1_ps
am_win2_ps

これで準備完了です。

latchモードで書き込み

設定がすんだら、書き込み可能なモードを選択。
ここでは、latchモードを使用します。

mode_ps

それでは、手動でグリグリとEQのつまみをいじってみましょう。
デモの為、かなり極端にやってみます。
ちょっと音が歪んでしまいますが、そこはご了承下さい…。

書き込み終わったら、読み込みモードに戻しましょう。

read_mode_ps

それでは、再生してみます。
ちゃんとオートメーションが書かれているのが、わかるかと思います。

もちろんペンツール等を使って、オートメーションを書いていくこともできます。
セッティングした後、メニューの所を開くとプラグインの名前が追加されています。
更にその先に選択したパラメーターが表示されています。

menu

ですので選択すれば、ボリューム等と同じようにペンツールで書いていくことができます。

am_gain

エフェクターだけでなく、インストゥルメンタル(楽器)にも適用できます。
シンセとか、色々使えそうですよね。
ちょっと、ハイパスフィルターやリバーブをいじってみましょう。

こんな風に、プラグインにオートメーションをかける事で表現の幅がぐっと広がってきます。
色々と試してみて下さいね。

 

※こちらで様々な効果音をダウンロードできます。
色々な映像にお使い頂けますので、ぜひご利用下さい。
効果音フリー素材環境ページへ

 

Sound Design/Mixer 大町 龍平 -Ryuhei Omachi-

カテゴリ一覧に戻る

SPECIAL一覧に戻る